海底火山の影響か?スウェーデンの海に浮いている謎の物質 / ケニアでは再び大地の亀裂

当ブログでは、これからは海底火山の活動が活発化する可能性があります、と何度か記していますけど、その海底火山の影響と思われる現象が、今週月曜日、スウェーデンで発生しました。


Mystisk sörja flyter iland på västkusten – ”ett mysterium” | Aftonbladet

記事によりますと、 

月曜日、スウェーデンの西海岸に泥のような大量の灰が浮いているのが確認されました。
f:id:somin753:20180420074823j:image
沿岸警備員によると、天候や潮流によってノルウェースウェーデンデンマークの海域で奇妙な物質が漂っていることが確認され、地質学者にそれを見てもらうように依頼しました。
f:id:somin753:20180420075122j:image
海上保安庁によると、スウェーデンの西海岸に沿って海の表面を覆っている奇妙な物質は、油に似ているが、粘り気も臭いもないと報告。現在はノルウェーデンマークのどこかの海の表面を覆っているだろう。
f:id:somin753:20180420075554j:image
油に見えるが油ではない、ことを知り、それが何であるか疑問に思った。学者の初め、生物学的性質の何か、藻、空からの細菌または同様の現象。しかし、当局はこの仮説を除外している。細胞や葉緑素などの生物学的構造は見つかっていない。

物質をより詳細に見ると、それが泥のように見える非常に粘りのある灰であった。その後、有名な火山学者に連絡し、原因が何であるか尋ねていますが、仮説では、海底地中のメタン鉱床が加熱され、それが噴出した可能性がある、という見解。

調査結果は出ていないが、おそらく未知の海底火山。

一方、サンプルは採取され、分析のために実験室に送られた......

ということです。

 

未知の海底火山とは不気味です。

もちろん火山ではないかもしれませんが、それでも近年多発している地震や火山噴火が世界中で起きている、そう考えますと、いつどこで何が起きてもおかしくはない、そう感じています。

 

さて、

1ヶ月前、アフリカのケニア周辺で発生した巨大な地割れについて記事にしました。

専門家は大陸を南北に走る巨大な大地溝帯と一部関連があるとの見解です。
f:id:somin753:20180420073819j:image
また、地殻変動によりアフリカ大陸が2つに分裂する可能性も考えられるとし、今後も調査を必要としています。
f:id:somin753:20180420073752j:image

イースト・アフリカン・リフト・バレー」(東リフト・バレー)と呼ばれる大地溝帯は3000キロもある巨大な地溝帯です。

学者によりますと、東リフト・バレーに沿って「ヌビアプレート」と「ソマリアプレート」の2つに分裂するのではないか、とのこと。

そして、今後、新たな情報がニュースになるでしょう。と記しましたが、あれから1ヶ月、再びケニアのナイバシャ郊外で、長さ2キロに渡り大地の亀裂が発生しました。
f:id:somin753:20180420104550j:image
f:id:somin753:20180420104601j:image
f:id:somin753:20180420104622j:image
亀裂によって、数エーカーの作物や畑が破壊され、場所により家にも被害が出ています。少なくとも16家族が安全な場所に移動しました。
f:id:somin753:20180420104803j:image
f:id:somin753:20180420104813j:image

 参照 :

More cracks recorded in Kenya as Africa’s geographical divide deepens - Face2Face Africa

 

Fault line sparks fear in Naivasha - PHOTOS - Daily Nation

 

ケニア周辺での地震も多くなっているようですし、このままでは終わらない(被害拡大)可能性があります。

 

日本は大丈夫か?

対岸の火事と思わない方がいいかもしれません。

では。

中世の写本にヨーダ(?)

大英図書館にある、おそらく1300年から1340年の間にフランス南部で書かれた写本、それは聖書に関するものらしく、教皇の手紙、教義、教会令が含まれているとされます。

その写本には興味深い絵が描かれています。


                           f:id:somin753:20180419065954j:image
                      f:id:somin753:20180419070004j:image
                        f:id:somin753:20180419070013j:image
                     f:id:somin753:20180419070022j:image
                           f:id:somin753:20180419070031j:image

妖怪とか悪魔とか、伝説に登場するようなキャラクターが描かれていまして、その中で注目を浴びたのが↓


                           f:id:somin753:20180419070053j:image

スターウォーズに登場するジェダイ

ヨーダ

Ten Things To Know About Medieval Monsters - Medieval manuscripts blog

 


f:id:somin753:20180419070812j:imageYoda? Is It Thou? Figure In 14th-Century Manuscript Looks Familiar : The Two-Way : NPR

とは言うものの、ヨーダをデザインしたスチュアート・フリーボーンによりますと、

 
f:id:somin753:20180419074840j:image

ヨーダのモデルについてはデザインをしたスチュアート・フリーボーンが、自分自身を基にして目をアルベルト・アインシュタインミックスしたとDVD-BOX「STAR WARS TRILOGY」の特典ディスクで証言している。ヨーダ - Wikipedia

とのことです。

似ているといえば似ている、そんな感じです。

描かれた時代は中世、当時、そのような生物が生存(目撃)したのでしょうか。

ただの想像でしょうか。

まあ、どちらでもいいのですが、個人的には面白いなと思いました。

 

では。

アルゼンチンで奇妙な生物

奇妙だな....... って思うこと

デンマーク国立博物館には人魚の骨が展示されています。
f:id:somin753:20180418055524j:image

デンマークといえば、コペンハーゲン港の人魚姫のブロンズ像が有名です。

日本にカッパのミイラがあるように、デンマークにも人魚の、という感じでしょうか。

人魚伝説は世界中の海洋民族に伝わります。

ただの想像か、見間違えか、それとも実在するのか、答えはわかりませんが、伝説となる以上、そこにはモデルとなる奇妙な事件が存在しているのかもしれません。

 

奇妙だな.......って思うこと②

 

先週、アルゼンチンのトトラスの街で夜、神秘的な生き物が防犯カメラに捕らえられました。
f:id:somin753:20180418064310j:image

地元メディアの報道によると、この奇妙な生き物がカメラに捕らえられた直前、2匹の犬が殺害されていたというのです。
f:id:somin753:20180418064208j:image
f:id:somin753:20180418064246j:image
f:id:somin753:20180418064357j:image

この生き物は、おそらく全長7フィート(約2メートル)はあるだろうということです。

巨大です。

地元では、チュパカブラではないのか、という話も出ています。


Argentina: Strange Creature Slays Two Dogs in Santa Fe - YouTube

 

静止画しかないのでフェイクという可能性もありますが、違う種を掛け合わせ新たな種を生み出す技術は発達していますし、もしかすると人工的に生み出された新たな種かもしれません。

生物兵器だって考えようによってはあり得なくもないでしょう。

それとも未知なる生物か?

またはフェイク?

では。

ビクトリア州で原因不明のマイコバクテリウム・ウルセランス病が過去5〜6年間で約3倍に

オーストラリアのビクトリア州で、原因不明のマイコバクテリウム・ウルセランス病が過去5〜6年間で約3倍になったという報告がありました。
f:id:somin753:20180418073622j:image

症例はさらに深刻になり、ヒトがどのように感染するかが分かっていないため、大流行を抑制することができないということです。

イヌ、ネコ、ポッサム、コアラなどや家畜はこの病気を発症させていますが、それがヒトに伝染(感染症)しているかどうかは不明です。
f:id:somin753:20180418073644j:image

 

 マイコバクテリウム・ウルセランスとは、

 

●ブルーリ潰瘍は、Mycobacterium ulceransによって起こされる慢性消耗性疾患です。
●この疾患は、皮膚や時には骨に影響を及ぼし、恒久的に外観を損なう障害を起こしうることがあります。
●ブルーリ潰瘍は、少なくともアフリカ、南アメリカ、西太平洋地域の熱帯、亜熱帯、温帯気候の33か国で報告されています。
●2015年には、33か国のうち13か国から、新たに2,037人の患者が報告されました。
●患者のほとんどは15歳未満の子どもです。
●この疾患に対する予防法はありません。

 

このマイコバクテリウム・ウルセランスを発症する症例は、オーストラリアではビクトリア州に集中していまして、疾患の原因も不明なら、なぜビクトリア州に集中しているのかもわかっていません。

また、症例の多くは子供に集中しています。

 

アフリカでは、感染者の約15歳未満の子どもが48%なのに対して、オーストラリアでは15歳以下が10%、日本では15歳未満の子どもが19%です。男性感染者と女性感染者の割合には、有意な差は存在しません(2017年報告)。

FORTH|最新ニュース|2017年|ブルーリ潰瘍(マイコバクテリウム・ウルセランス感染症)について(ファクトシート)

 

オーストラリアで15歳以下が10%、日本では19%、なんと、オーストラリアよりも日本の方が多い。

熱帯、亜熱帯、温帯気候の国々に集中していることから、日本は無関係かと思っていました。


f:id:somin753:20180418072820j:image

2004〜2016年のビクトリア州におけるマイコバクテリウム・ウルセランス病の症例および発生率。ほとんどがビクトリア州で、2016年には182件、2017年に275件、2018年には30件が報告されています。MJA経由

参照 :

Tackling the worsening epidemic of Buruli ulcer in Australia in an information void: time for an urgent scientific response | The Medical Journal of Australia

Home | Australia | W3LiveNews.com - World’s #1 news aggregation site

 

原因不明の病気、今後は日本でも発症例が増えるかもしれません。

思いますに、不衛生な環境に身を置くのは要注意かも。

では。

 

4月の満月はピンクムーン

ここ最近、記事の更新が遅れぎみになっています。

理由は...ありません。

強いていえば、下書はいくつもあるのですが、それを上手く記事にできなくて削除したり、それを繰返したりで、思考停止状態に陥っているようです。

元々、文章を組み立てるのは苦手な方なので、自分ではヒトより倍の時間をかけて、できるだけ丁寧に記事にしていると思っていますけど、それでも『意味わかんない』時はごめんなさい。

 

さて、

2018年1月と3月のブルームーンに続き、4月29日(30日)はピンクムーンと呼ばれる満月。

と言いましても、月がピンク色になるというわけではないようです。
f:id:somin753:20180413134752j:image

4月の満月は、北アメリカ先住民によって観察されたピンク色の早咲きの野生の花からその名前が付けられたそうです。
f:id:somin753:20180413134804j:image

Pink Moon 2018: When is the Pink Moon in April? What time will it rise? | Science | News | Express.co.uk

余談ですが、ピンクムーンは恋愛成就と関係するのだとか。

つまり、恋愛成就の願事をするといいらしい。

 

今年は、月とか太陽とか惑星の話題が多い年かもしれないと個人的に思ったりします。 

 

↓珍しい二重三重のハロ現象
f:id:somin753:20180417062728j:image

Compex Ice Halo Display

 

いろいろ気になる空の現象なんですが、それがごく自然な現象だとしても、時に奇妙に感じることがあります。

 

夕焼けで、空が真っ赤に染まることはよくあります。

ブラジルでも真っ赤に染まる現象が......
f:id:somin753:20180418114452j:image
f:id:somin753:20180417140210j:image
f:id:somin753:20180417140223j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2084950005054792

↑動画あり

太陽の位置は真っ赤に染まった空の反対側です。
f:id:somin753:20180418114520j:image

特に珍しいというわけではありませんが、気味悪いくらい真っ赤です。
f:id:somin753:20180418114639j:image

では。

鳥の大量死が続いています

つい先日の記事で、鳥約50羽がインドで大量死ということを記しましたが、今度は、スロベニアのプトゥイ(Ptuj)湖沿いで、130羽以上の鳥が死んでいるのが発見されました。
f:id:somin753:20180413074843j:imageSTA: Mysterious bird kill at Ptuj Lake

 

鳥の大量死が続いています。

当ブログでも記事にしていますが、鳥の大量死(集団死)は昨年の11月にドイツで、12月にスウェーデンという感じで始まり、今年に入り、メキシコ、埼玉県、イタリア、カナダ、アメリカ、そして先のインドとスロベニアと続いています。

大量死の原因は不明、中毒か、ウイルスか、大気汚染や水質汚染という環境異変か、はっきりしませんが、思うに、空が死んでいる、そんな不気味さをも感じてしまいます。

そして、生物の大量死は鳥だけではありません。

フランス南部では、クラゲが超大量死しました。
f:id:somin753:20180413080402j:imageVIDEO: Billions of purple jellyfish-like creatures wash up on French beach - The Local


f:id:somin753:20180413081617j:image

2018年4月10日火曜日、フランス南部のPalavas-les-Flotsの海岸で、数十億匹の紫色のクラゲのような生き物が打ち上げられました。
f:id:somin753:20180413081637j:image
f:id:somin753:20180413081648j:image
f:id:somin753:20180413081658j:image
f:id:somin753:20180413081714j:image

英国、アイルランド北部では見られることもあるようですが、フランス南部で、このような現象が起こるのは初めてだと言われています。
もしかすると、ガソリン(オイル)漏れなどによる海洋汚染かもしれないということですが、カモメがクラゲをエサにしている様子も伺えることから、その可能性は低いかもしれません。


Palavas (34) : des milliards de méduses échouées sur la plage - YouTube

 

可能性としては、やはり海洋環境の異変なのでしょう。

それは海のみ環境の異変を起こしているのではなく、大地も空も生物の生死に影響を及ぼす大異変が起きているということかもしれません。

 

この大自然に何が起きているのでしょうか?

大自然、それは地球そのもの。

地球=ガイア、地球は生命体、という説がありますけど、個人的には『うん、そだね』と思いながらも、地球が生命体なら、いずれ地球も死に行くのか、そうならば、死へのカウントダウンが始まったのか........、

そう思いますと、地球という星が愛しくなってきました。

では。

奇妙な空の現象とか空に鳴り響く天使のラッパ(アポカリプティック・サウンド)

自然現象なのか、謎の現象なのか、見間違えなのか、フェイクなのか、珍しいとか奇妙とか、とにかくよく分からない現象がほぼ毎日、多く報告されています。

 

4月6日、テキサス州ロックウォール近郊の空に、雲の筋のような奇妙な現象が現われました。
f:id:somin753:20180411132752j:image
f:id:somin753:20180411132803j:imagehttps://www.facebook.com/Rockwallian/videos/1578120838922960/←動画

飛行機雲?

竜巻?

車のフロントガラスの反射?

それとも光学現象?

何だかわかりませんけど、オーロラとは違う(らしい) プロトンアークという光学現象を思い出しました。

時々、オーロラと一緒に現れるということですが、そのプロトンアークとよく似ているもう1つの光学現象が、オーロラでもプロトンアークでもない光学現象、それをスティーブ(STEVE)と言います。
f:id:somin753:20180412101400j:image
f:id:somin753:20180412101410j:image
f:id:somin753:20180412101419j:image


There’s a new aurora in subpolar skies. Its name is Steve - YouTube

このスティーブの日中バージョンのようにも思えました。

 

4月7日、フロリダの空に不気味な雲の壁が現れました。

f:id:somin753:20180411133642j:image

Wall

 

コロラド州では、2つの雲の間に虹色の光学現象。
f:id:somin753:20180411134150j:image
f:id:somin753:20180411134202j:imageその脇の雲、飛行機が通過したのでしょうか?雲が割れています。


f:id:somin753:20180411134003j:image


Our Sky is Blinking and our Sun is shaped very weird . - YouTube

珍しい光学現象(自然現象)かもしれません。

 

紹介しました現象はどれも大自然の力によるものでしょうけど、近年、奇妙で神秘的な現象が多いと感じています。

奇妙で神秘的と言いますと、どこから聞こえて来るのかわからない金属音が空全体に鳴り響く、そんな音があります。

その音は、まるでトランペットのようなサウンド、それをアポカリプティック・サウンド、また、終末の音、天使のラッパなどと呼んでいます。

その奇妙な金属音がハワイで。


Signs of End Times | Strange trumpet sounds in the skies of Hawaii - YouTube

本当でしょうか?

フェイクでしょうか?

 

では。

 

筋トレ💪は大事

 筋トレ💪

私事ではありますが、今回は筋トレについて。

筋トレはどこまで必要か? | みんなのミシマガジン、という記事から

抜粋しますと、

.......あるいは加齢などによる心身の不調を訴える人たちにも筋トレは勧められる。あとで詳しく述べるが、からだをそれほど使わなくても生活できるのが現代社会だ。こうした社会で生きる私たちはどうしても運動不足になりがちで、日本整形外科学会は、運動器の障害によって移動機能の低下をきたした状態である「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という概念を2007年に提唱した。

 「ロコモ」と診断された人にはだから筋トレをはじめとする運動が対処法として提示される。筋肉や関節、靭帯や神経などのからだを動かすために関わる組織や器官の不調が原因なのだから、当然といえば当然だ。

 さらにいうとダイエットを試みる人も筋トレに励む。直接的に脂肪を落とすには、ウォーキングやランニングなどの長い時間をかけて心肺を働かせる有酸素運動が効果的なのだが、太りにくく痩せやすいからだをつくるためには筋肉をつけて代謝量を上げる必要がある。有酸素運動で脂肪を落としながら、それと並行して筋トレを行い体質改善を図るというのが、ダイエットの基本的な考え方である。

抜粋終了

 

必要に応じた筋トレは大事である、ということを、上記記事を読めば多少なりとも理解できます。

で、ジムに通っているのですけど、通っているジムが↓
f:id:somin753:20180411113157j:image

エニタイムフィットネス 24時間営業のフィットネスクラブ~驚きの低月会費


f:id:somin753:20180411113215j:image

24時間利用可能という、私にしてみれば条件よし。

プールなどはありませんけど、個人的なトレーニングに必要なものが揃っているので問題ありません。

週1日休みにして、ほぼ毎日トレーニングしています。

1日目は、ランニングマシン、腕、胸、肩、背中を中心に

2日目は、ランニングマシン、足腰、腹筋を中心に

その繰返しです。

 

ランニングマシンによる有酸素運動は毎日で、走る(運動)癖をつけています。

トレーニングは空腹時に行います。

朝4時頃から始め、約1時間半のトレーニング、その後に出勤しています。

楽しくて仕方ありません❗

楽しいのが一番ですね。

では。

奇妙な黒い石(?)とか雹の嵐による生物大量死に鳥の原因不明の大量死

ミャンマーで発見されたという奇妙な黒い石があります。

何が奇妙かというと、黒い石の上に釘を置くと、釘がみるみる溶けてしまうんです。
f:id:somin753:20180411072055j:image
f:id:somin753:20180409054910j:image
f:id:somin753:20180409054918j:image
f:id:somin753:20180409054931j:image
↓動画  Facebook

https://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2081137098769416

この黒い石(?)の正体は何でしょうか?

 

 

黒い、ということから、インドで黒い鳥が大量死しました。

Around 50 black kites die mysteriously in 24 hours in Bengal’s Siliguri | environment | Hindustan Times
f:id:somin753:20180411072026j:image

ベンガル州で鳥約50羽が空から落ちて来ました。

今のところ死因は不明です。
野生動物の専門家や獣医師は、これらの鳥類の死因が食中毒である可能性があると考えていて、死亡した鳥のサンプルを検査しているようです。

またこの都市は、最も空気汚染されたリストになっています。

 

当ブログで記していますけど、最近、原因不明の鳥の大量死が相次いでいるようです。

 

アイダホでは、7日土曜日の夜、激しい雹や雷雨が関係しているのでしょうか、数十羽のガチョウが大量死しました。
f:id:somin753:20180411075255j:image


Dozens of geese fall from the sky into parking lot during storm - YouTube

 

雹による生物の大量死はサウジアラビアでも起きています。

サウジアラビアでは、今月初めから強力な雹の嵐に見舞われています。

希な4月の雹の嵐により、砂漠の真ん中で何百もの羊が雹に打たれ大量死しました。
f:id:somin753:20180411072856j:image
f:id:somin753:20180411072917j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2081789572037502


f:id:somin753:20180411073019j:image

https://www.facebook.com/rorocontreraslopez/videos/10215733195741315/


Гроза и град в Саудовской Аравии | Thunderstorm and hail in Saudi Arabia - YouTube

 

夏でも雹は降りますけど、近年の異常気象から、この先も生物が雹に打たれ死亡するということがあるかもしれません。

また、その降ってくる雹の大きさが異常で、ゴルフ、野球ボールサイズがものが降ってくるということが多く発生しています。

日本でそれが発生する可能性もあります。

昨年の7月18日、東京で雹の嵐があり、建物に被害が出たりしました。
f:id:somin753:20180411110826j:image


東京都内で大粒の雹(ひょう) JR山手線駒込駅では屋根が損傷 - YouTube

気を付けましょう。

では。

 

空を見上げれば奇妙にも神秘的にも見える現象

こちらの記事、先ほど間違えて下書きを投稿してしまいました、申し訳ありません。

編集した記事を再投稿します。

 

イングランド南東部のオックスフォードシャー州、バッキンガムシャー州で奇妙な青い光学現象が見られました。
f:id:somin753:20180408073907j:imageGail Victoria Casson on Twitter: "Over the top of Princes Risborough in Buckinghamshire #bluesky #bluelight #strange… "

原因はわかっていませんけど、オーロラや月明かりとかではなさそうです。

近隣の町の照らされたライトが雲に反射したのかもしれません。

この青い光は数分で消えたようです。

 

ユタ州では、吉兆とも言われる彩雲現象が見られました。
f:id:somin753:20180408073612j:image
f:id:somin753:20180408073624j:imageTiny Ice or Water Crystals Cause Spectacular Rainbow Clouds in Utah | The Weather Channel


Strange Rainbow Ghost Cloud Thing Over Herriman, Utah March 20, 2018 - YouTube

彩雲が現れるのはよい兆し....、根拠はないようです。

 

近年、二ビルという惑星Xが話題となり、地上からも奇妙な天体?が撮影されたという写真や動画が公開されています。

 

太陽と月と❔
f:id:somin753:20180408074310j:image

太陽の上に奇妙な光。

 

月は太陽の左側(写真)に位置しています。
f:id:somin753:20180408074328j:image

↑月

 

↓太陽の上に❔
f:id:somin753:20180408074338j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2080287348854391

↑動画

 

レンズゴーストかもしれません。

また、中国では雲に奇妙な影が現れました。
f:id:somin753:20180408074544j:image
f:id:somin753:20180408074601j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2080229638860162

↑動画

 

インドネシアでは半円型の彩雲。
f:id:somin753:20180408075002j:image
f:id:somin753:20180408075011j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2080001395549653

↑動画

 

奇妙に思えても、自然現象だったり、レンズゴーストだったり、見間違えるような現象はたびたびあります。

また、フェイクというイタズラもあったり。

しかしながら、中には❔と思わせる奇妙な現象があるのも事実かと......。

では。

アフリカ大陸分裂の前兆か?

アフリカで巨大な地割れが発生したことを過去記事で紹介しまたが、

ナイロビで巨大な地割れ/気になる大地溝帯と聖書の預言 - strange world➰奇妙な世界

 

ナイロビの大地の亀裂は大雨による洪水が原因らしい...のですが - strange world➰奇妙な世界

↑こちらの記事で、

ナイロビで巨大な地割れか?

その後の情報によりますと、

巨大な亀裂、崩壊の原因となったのは、大雨により地盤沈下したもの、ということです。

また大雨で一部洪水も発生し、女子学生一人が死亡したとのことです。

巨大な亀裂は、長さ3キロ、深さ6メートル以上で、主要な道路にも亀裂が発生、立ち往生する車が出ています。

 

大雨により地盤沈下したもの、とお伝えしましたが、この大地の亀裂はその後も拡大しているようで、大雨による地盤沈下が直接の原因ではないようです。

とは言うものの、新たな情報で、

ケニアに巨大な地割れ出現(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

こちらでは3月の大雨によることが巨大な地割れの原因と報じています。
f:id:somin753:20180407173742j:image

大雨も関係する可能性はありますが、

 

Large crack in East African Rift is evidence of continent splitting in two

↑詳細はこちら
f:id:somin753:20180406170012j:image

アフリカのケニア周辺で発生した巨大な地割れについて、専門家は大陸を南北に走る巨大な大地溝帯と一部関連があるとの見解です。
f:id:somin753:20180406170618j:image
また、地殻変動によりアフリカ大陸が2つに分裂する可能性も考えられるとし、今後も調査を必要としています。

ケニアでの地震に伴って生じたこの地割れ(当ブログ前回の記事では大雨と記しました)により、高速道路の一部が崩れました。

イースト・アフリカン・リフト・バレー」(東リフト・バレー)と呼ばれる大地溝帯は3000キロもある巨大な地溝帯です。
f:id:somin753:20180406171323j:image

学者によりますと、東リフト・バレーに沿って「ヌビアプレート」と「ソマリアプレート」の2つに分裂するのではないか、とのこと。
f:id:somin753:20180406171623j:image

↑分裂した場合

 

今後、新たな情報がニュースになるでしょう。

大地溝帯については当ブログ過去記事や、Yahoo!ブログで何度か記しましたけど、その都度、大地溝帯に亀裂が入り、溝帯の北に位置するエジプトやイスラエル(死海周辺)でも巨大な地震や大地に亀裂が発生するかもしれいと。
f:id:somin753:20180406172551j:image
f:id:somin753:20180406151847j:image
f:id:somin753:20180406151901j:image
f:id:somin753:20180406151915j:imagehttps://www.facebook.com/alertaperiodismoalternativo/posts/2079954438887682

プレートテクトニクスの理論では、大陸は長い時間をかけゆっくりと移動する、そんな感じだったかと思いますけど、今回のこの巨大な地割れ、地震とか大雨とかの影響があるにせよ、突然、このような巨大な地割れが発生し、今も拡がり続けているなんて異常事態にも感じます。

アフリカの大地溝帯、それ以外に気になる場所といえば、環太平洋火山帯。

 

2018年4月7日、パプアニューギニアでM6.3の地震がありました。
f:id:somin753:20180408090457j:image

この地震は深さ10キロメートルで、あの2月26日の地震よりもはるかに浅いです。M 6.3 - 88km WSW of Porgera, Papua New Guinea 

 

環太平洋火山帯に関連した他の地域で気になるのが、カリフォルニアです。
f:id:somin753:20180408090811j:image

M5.3の地震がありました。

サンクト・ルイス・オビスポからサンクレメンテの沿岸全域で揺れています。

USGSのホームページによると、1万人以上の人々が揺れを感じてたと報告しています。M 5.3 - 29km SW of Santa Cruz Is. (E end), CA

 

今回の地震から気になるのは、米国カリフォルニアを中心に最も危険な巨大断層の1つ、サンアンドレアス断層なんですが、その動きが近年注目されています。
f:id:somin753:20180408091208j:image
1857年以来あまりにも静かな状態を保っています。
太平洋プレートは、100年毎に約16フィート(5メートル)移動している中、南部のサンアンドレアス断層は1世紀以上静かなまま、 つまり、ストレスを緩和していません。

サンアンドレアス断層は大地溝帯の半分ほどの長さですけど、サンアンドレアス断層が本格的に動き出した場合、更に気がかりなのがイエローストーン火山(逆の場合も)です。

 

いろいろ考えるとがありますが、今回はこの辺で、では。

 

聖骸布から作製されたイエスの3D彫刻

『「ファティマの聖母」9月に秋田へ「涙流したマリア像」と対面 東西の“奇跡”がコラボ』というニュースとか聖骸布はほぼ100%本物という研究報告とかトルコで羊が集団自殺とかアルゼンチンで悪魔の顔を持つヤギとか - strange world➰奇妙な世界

こちらの↑過去記事で、イエス・キリストの亡骸を包んだ布、聖骸布について記しました。

抜粋しますと、
f:id:somin753:20180405074116j:image

最近、聖骸布はほぼ100%本物、という情報がありましたけど、つい先日も「決定的な証拠」が新たに判明したらしいです。

研究によると、トリノの聖骸布は 、十字架刑後にキリストの身体を包むために使われましたが、聖骸布に包まれた男性は暴力的な死に方をしたとされる証拠が示されたようです。

聖骸布は、長さが約4.5メートルの神秘的な布で、埋葬の時にイエス・キリストの体に置かれた(包まれた)と言われています。

そんな聖骸布は長い間、神学者、科学者、歴史家、信者、研究者の間で議論の対象となり、科学的な分析も行われてきました。

聖骸布にはキリストの正面と背面の全体の姿が写真のネガのように焼き付いていて、最も特徴的なのは、聖骸布のほぼ中心に焼き付いた頭部の正面と背面、それを重ね合わせると布の真ん中で一致するとされます。

また、聖骸布に焼き付いた男性には、ひげ、肩までの長さの髪、筋肉質で背が高く、約1.70〜1.88m(5フィート7インチ〜6フィート2インチ)ということが判明しています。

そして、法医学博士の調査によると聖骸布には次のような印があります。

※片方の手首に大きな丸い傷があります。

※胸腔には上向きに刺された痕があります。

(これはロンギヌスの槍か?)

※額と頭皮の周りに小さな穿孔

(いばらの冠か?)

※胴体と脚の線状の傷の数

※両腕と顔面に血流の腫れ

(むち打ち?)

 

さらに、聖骸布に付着した血液を検査したところ「ナノ粒子」が見られ、これは健康な人の血液では検出されないもの、イタリアのCrystallography Instituteの研究員であるエルヴィオ教授(Elvio Carlino)は、これは犠牲による大きな苦しみを受けたことを明らかにしていると語り、血液にはクレアチニンとフェリチンと呼ばれる物質が多量に含まれており、拷問のような強いトラウマを患う患者によく見られる。

つまり、生物学的ナノ粒子の存在は、トリノの聖骸布に包まれた男性は暴力的な死を遂げたことを意味しています。

エルヴィオ教授は、「これらの発見は、電子顕微鏡の分野で最近開発された方法によってのみ明らかにすることができた」と、「この研究は聖骸布から採取された元の繊維のナノスケール特性の最初の研究である」と付け加えています。

(この新しい研究は、トリエステのInstituo Officia dei MaterialiとBariのCrystallography Institute(イタリア国立研究評議会、パドヴァ工科大学)の両方で実施)

抜粋終了

 

聖骸布(せいがいふ、Holy Shroud)は、キリスト教でいう聖遺物の一つで、イエス・キリストが磔にされて死んだ後、その遺体を包んだとされる布。(Wikipedia参照)

 

本物か?偽物か?
幾度か検証されてきた聖骸布、結論的には本物らしい、であるならば、聖骸布に写っている人物はイエス・キリストということなのでしょうか。
f:id:somin753:20180405110333j:image

2015年、この聖骸布が5年ぶりに一般公開されたのですが、聖骸布の公開からしばらたったイタリアで、聖骸布の顔からキリストの幼少時代の顔を復元したという画像が公開されました。

トリノの聖骸布」からイエスの子ども時代の顔復元
2015年5月18日23時18分
http://www.christiantoday.co.jp/articles/16100/20150518/holy-shroud.htm
クリスチャン・トゥデイから抜粋しますと、

【CJC=東京】
イタリア国家警察の鑑識チームが「トリノの聖骸布」からイエス・キリストの子ども時代の顔を復元した映像を5日、公開した。
..................................................................
科学捜査で用いられている顔の再現法で、年齢を若くした幼少時代のイエス・キリストの顔の再現を行った。 (抜粋終了)
f:id:somin753:20180405080621j:image

なるほど、これが聖骸布から復元したキリストの顔なのか......

それは、どこかこう西洋的な雰囲気があります。

この聖骸布が公開され話題になっているからではないでしょうが、太陽フレアのプラズマ噴出がキリストの顔に見える、という衛星画像もありました。
f:id:somin753:20180405080353j:image
f:id:somin753:20180405080409j:image
Possible Ascension Of JESUS CHRIST FACE Appears In A Flame Of Light With The Sun - YouTube

 

聖骸布について、最近新しいニュースがありました。

f:id:somin753:20180405063915j:image

イタリアのパドヴァ大学で、聖骸布の人物の3D彫刻が完成したようです。

聖骸布から作製された3D彫刻の人物は、身長6フィート(別の記事では5フィート11インチ)と測定され、「私たちの研究によれば、イエスは特別な美しさの人、体格もよく、身長は6フィート、表情は荘厳かつ雄大」だったと言います。 

別の記事には、髭、長い髪は白人の特徴を持っているということです。
f:id:somin753:20180405063900j:image

Una statua restituisce le fattezze dell’uomo della Sindone - La Stampa

 

聖骸布の人物は、白人の特徴がある、ということについて、先の顔復元もそうですが、イエス・キリストの顔(人種)は西洋宗教画のようなコテコテの白人像のようです。

聖書によりますと、

キリストは、ハム(黒人の祖)系、ヤフェト(白人の祖)系ではなく、セム(黄色人の祖)系で、人種的にはモンゴロイド、日本人と同じです。

なので少し違和感があります。

まあモンゴロイドにも中東などの人のように彫りの深い顔の人もいます。

日本ではアイヌ民族琉球民族、アメリカではネイティブ・アメリカン(インディアン)とかですね。

f:id:somin753:20180405115345j:image

エスの職業は大工です。

体つきはよかったのでしょう。

ふざけた事を言うようですが、イエスの画像を見て思い出したのが、北斗の拳のトキでした。

では、

 

イスラエルの第3神殿再建を支援するトランプコイン?何だそれは?

ここ数日、当ブログの過去記事をあれこれ読み返していまして、記事の更新が遅れてしまいました。

で、昨年ですけど、

小説か?予言か?『The Lord of the World』世界(世界統一政府)の主(大統領)はオバマ?またユダヤ人少年が臨死体験で見た終末の幻、獣はオバマ? - strange world➰奇妙な世界

という記事の中から抜粋しますと、

(追記しています)

新世界秩序(しんせかいちつじょ、New World Order、略称:NWO)とは、国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治、経済、金融、社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる........

新世界秩序には奇妙なシルバーコインが存在するそうです。
f:id:somin753:20180403115517j:image

↑コインにはNew World Order(新世界秩序)やピラミッド・アイが刻まれています。

 

どちらが表か裏かはわかりませんが、ピラミッド・アイの反対側には世界地図、その地図には1~9まで数字が振り分けられていて、1はイスラエル、日本は6となっています。
米国は世界一の大国、しかし1番ではなく3番、新世界秩序(世界政府)にとって米国は3番目という意味なのでしょうか?
それ以上に気になるのは、新世界においてイスラエルが1となっていることです。

ちなみに、南極大陸は炎に包まれ、北極圏では雲から太陽が照っています。

そして、コインの下には666の文字があります。
これはいったい何でしょ?.........

 

2013年7月、エルサレムの「神殿の丘」に第3神殿を建設しよう、と政府のウリ・アリエル住宅建設相が発言したことがあります。

そのアリエル住宅建設相は極右政党「ユダヤの家」に所属しており、その前年には「ユダヤの家」のゼブルン・オレブ議員も神殿再建を呼び掛けました。

問題は、その際に岩の洞窟とモスクの撤去が世界戦争を引き起こすことは確実、と語っているんですね。

翌2014年には、

Israeli Institute Prepares Priests for Je r usalem's Third Temple

イスラエルの研究所は、エルサレムの第三神殿のための司祭を準備》

The movement to rebuild Jerusalem's thi rd temple expands.

エルサレムの第三神殿を再建する動きが拡大します》 

Israeli Institute Prepares Priests for Jerusalem's Third Temple | Politics | US News

(海外からのニュース)

とあり、イスラエルの第三神殿建設の動きは思想だけでなく、実際のものとした動きとして加速しているようです。

2015年、その動きが決定的になったようなニュースがありました。

イスラエル議会選挙
ネタニヤフ首相率いる右派与党が勝利
イスラエル議会選挙 ネタニヤフ首相率いる右派与党が勝利 - News - 政治 - The Voice of Russia
抜粋 :

17日に投開票されたイスラエル議会選挙で、ネタニヤフ首相率いる右派政党「リクード」が勝利した。新聞「ザ・エルサレム・ポスト」が伝えた。

開票率99%の段階で与党「リクード」は、120議席中30議席を獲得して第一党、これに野党労働党などによる統一左派中道ブロック「シオニスト連合」が24議席で続き、「統一アラブ会派」は14議席を得た。
: 抜粋終了

 

で、ネタニアフ首相の父親(他界)ですが、生前、第三神殿に使用する石材とかを準備、それを加工させ、すでに完成させて後は運び入れるだけ、という噂もあります。
それにロックフェラーが関与しているという話もありますが、定かではありませんし、まあ、陰謀論的な話かもしれません。

イスラエルの第3神殿と世界統一政府樹立には何かしら関係がある、そのようにも感じてしまいますが、もし世界統一政府が樹立されたら、そこには主(大統領)が必要ですので、その座に誰かが座ることになります。

もし世界大戦が勃発すれば、世界中の国々が巻き込まれるのは必至...........

抜粋終了

 

エルサレムの第三神殿を再建する動き、また新世界秩序(New World Order)、または新世界政府の奇妙なコインについて記しています。

で、最近、

 

Global Support for Third Temple Coin

トランプコインは世界を支援(支持)する

という記事がありました。


Global Support for Third Temple Coin - Breaking Israel News | Latest News. Biblical Perspective.

↑詳細はこちら

こちらの記事には、エルサレムの第三神殿を再建する動きに関連して、今度は新世界秩序ではなく、トランプ大統領が刻まれたコインが登場しています。

トランプ大統領といえば、最近、米国大使館をエルサレムに移すという発言で世界中を混乱させています。

記事には、

トランプ大統領、キュロス、および第3神殿に関数新たなコインが世界中のメディアに紹介(公表)されました。
f:id:somin753:20180403121836j:image

政治的および宗教的境界を越え、第3神殿に対する支援が世界的な現象になっていることがコインに示されています。
f:id:somin753:20180403122131j:image

コインの裏には第3神殿


f:id:somin753:20180403122202j:image

キュロスとトランプ大統領

キュロスとは、 

東方各地を転戦して征服し、紀元前539年にオピスの戦いでナボニドゥス率いる新バビロニア王国を倒した。10月29日にバビロンに入城して「諸王の王」と号し、バビロン捕囚にあったユダヤ人をはじめ、バビロニアにより強制移住させられた諸民族を解放した。キュロスは、被征服諸民族に対して寛大であったので、後世に理想的な帝王として仰がれ、ユダヤ人を解放して帰国させたことから旧約聖書ではメシア(救世主)と呼ばれている(イザヤ書45章1節)。またこのとき、キュロスは新バビロニアネブカドネザル2世によって略奪されていたエルサレム神殿の什器を返還し、エルサレムに神殿の再建を命じた。この再建は難航し、紀元前520年ごろに第二神殿が完成した時にはキュロスはすでにこの世を去っていた........

キュロス2世 - Wikipedia

キュロスは、

ユダヤ人を解放”

旧約聖書ではメシア(救世主)と呼ばれている”

エルサレムに神殿の再建を命じた”

“その後、再建”

 

また、“略奪されていたエルサレム神殿の什器を返還し、エルサレムに神殿の再建を命じた”

 

什器

什器は仏教の什物に由来する。寺で宗徒が使う器具、日用品、生活用品を指す。これらは「什」(数字の「10」と同義)「聚」(集まったものという意味)などと呼び、1つや2つなどではなく10を単位として数えなければならないほどたくさんで雑多であることから、中国の宋代に禅宗寺院内で使われはじめた語である。後に什器とも呼び、これが一般化した。

什器 - Wikipedia

 

略奪されていたエルサレム神殿の什器とは、三種の神器か?

神殿再建に伴い、神殿には三種の神器が鎮座しなければならないらしい、ということは、第3神殿が再建されるとき、そこには三種の神器が鎮座している可能性があります。

けれど、三種の神器は現在行方不明。

 

キュロスは第3神殿再建の象徴として担がれるのはわかりますが、トランプ大統領とはこれいかに。

まあ、トランプ大統領による米国大使館移設から、エルサレムイスラエルの首都となれば、世界情勢はあらぬ方向へと一気に加速する可能性があります。

あらぬ方向とは、それは中東発の世界大戦、トランプ大統領はその布石を築いたのかもしれません。

 

ユダヤ教徒キリスト教徒もイスラム教徒も信じているのは(解釈の違いあれど)聖書の預言。

であれば、聖書の預言を探ってみたい、そう思っています。

 

では。

"The Devil and Father Amorth” (2018) / “悪魔とアモース神父”

"The Devil and Father Amorth” (2018)

映画エクソシスト( Exorcist)の監督、ウィリアム・フリードキンの新しいドキュメンタリー映画「悪魔とアモース神父」が4月に公開されます。(4月20日米国)

こちらは、ドキュメンタリーのエクソシスト(悪魔祓い)映画のようです。
f:id:somin753:20180328122953j:image

アモース神父とは、2016年9月に亡くなったバチカンの公式エクソシスト、ガブリエル・アモース神父、バチカンエクソシスト部門の最高責任者だった人です。
f:id:somin753:20180328123858j:image
f:id:somin753:20180328131024j:image

監督ウィリアム・フリードキンは映画の中で、アモース神父はイタリアの女性に9回目のエクソシズム(悪魔祓い)を行ったと証言しています。
f:id:somin753:20180328124322j:image
f:id:somin753:20180329131122j:image

ただ話によりますと、ウィリアム・フリードキンは、悪魔祓いの儀式に、と言いますか、悪魔の存在には懐疑的だったということですが.......。

予告編↓


The Devil and Father Amorth (2018) | Official US Trailer HD - YouTube

 

もう少し悪魔祓いの話をしますと、 

2014年の話ですけど、 チェコカトリック教会で、悪魔に憑かれたとされる女性への悪魔祓いの儀式が行われたようです。
f:id:somin753:20180329131154j:image

祭司数名による女性への悪魔祓いが密かに行われたのですが、その様子を教会の鍵穴から撮影したダニエル・トロフタ(26)と名乗る男性がいまして、その映像をYouTubeで公開したことにより、秘密だった儀式が発覚したそうです。
f:id:somin753:20180328125514j:image
地元住民からは、教会での儀式に反感を抱く者もいて、そもそも悪魔祓いの儀式なんて本当なのか、という疑問もあり、ほとんど相手にもされなかったのですが、教会側のマレク神父が本物だとしたことで話題となりました。
f:id:somin753:20180328125532j:image

▲マレクDunda神父は悪魔祓いが本物だと証言

 

悪魔に憑かれた女性、ということですが、どんな症状なのかが分かりませんので本当に悪魔憑きなのかが疑問でもあります。


Vymítání ďábla (exorcism) Vranov nad Dyjí - YouTube

 

悪魔祓いと言いますと、映画エクソシストのような恐ろしい場面を思い出すと共に、あれは映画の中の世界、そう普通は思いますけど、ローマに教会をもつビンチェンツォ・タラボレッリ神父という方の話では、
f:id:somin753:20180329074041j:image悪魔払いは若い神父には「怖すぎる」 後継者不足の悩み - BBCニュース

これまでに扱った依頼人の中でも特に印象深かったのは、13年間治療を続けた既婚女性だった。

悪魔主義者の別の男性が、彼女を欲しがっていた。彼女に断られたこの男性は『覚えてろ』と言い、彼女を自分のものにするため週に2回、いわゆる呪いをかけたのです」

「この部屋に彼女がやってきた。私が祈り始めると、女性はトランス(意識変性)状態になった。罵倒や冒涜の言葉を口走り始めた。取りつかれたのだとすぐに分かった」

「儀式が続くと、女性の具合はどんどん悪くなっていた。そこで私が悪魔に『イエス・キリストの名のもとに命じる、立ち去れ』と告げると、彼女は小さい金属のピンを吐き出しはじめた。1度に5つずつ。ピンのほかにも、編んだ髪の毛や小石や木のかけらを吐き出した。別世界の出来事のようでしょう? 実はこの世界の出来事なんですよ」

まるで映画のような場面です。

本当ならば、そら恐ろしい........

 

思ったのですが、カトリックで悪魔祓いはしても、神(天使とか)からの言葉といいますか、神が人間に憑依した、つまり預言(神からの言葉を預かる)とか神示があったという話をあまり聞きませんけど、それはそれでいいのかもしれません。

私は、悪魔に憑依された人よりも、神からの神託だと宣言する人の方が何だか危ない気がします。

とはいえ、日本には唯一神からの言葉とされる日月神示なるものがあります。

個人的にはすごくすごく気になるものです。

 

その日月神示には

「世、迫って、霊かかりがウヨウヨ出ると申してある時来ているのぢや。悪かみかかりに迷ふでないぞ。サ二ワ(審神)せよ。」
(春の巻第二帖)

 

それが神からのものか、別のものか、それを見極めよ、ということなのですが、龍音之巻: 第十八帖には、

 

霊に(ひつぐ)神示をよんで聞かせて見よ、その偉大さがハッキリ判るぞ。どんな下級霊であっても、その霊を馬鹿にしてはいけない、馬鹿にすると反射的にサニワを馬鹿にして始末におへんことになるぞ。霊覚者や行者の中には奇跡的なことや非常識な行動をする者がよくあるぞ、一般の人民はそれにだまかされることがよくあるぞ、何れも下級霊のしわざであるぞ、正神には奇跡はない、奇跡ないことが大きな奇跡であるぞ、奇跡するものは亡びる。高級霊は態度が立派であるぞ、わかりたか。

 

どんな下級霊であっても、その霊を馬鹿にしてはいけない、馬鹿にすると反射的にサニワを馬鹿にして始末におへんことになるぞ

日月神示にありますが、サニワ=審神者(さにわ)とは、古代の神道の祭祀において神託を受け、神意を解釈して伝える者のことである、とされます。
現代ではよく聞くところの、人に憑いた悪霊を追い払う徐霊を行う者もサニワなのでしょう。

また、

霊覚者や行者の中には奇跡的なことや非常識な行動をする者がよくあるぞ、一般の人民はそれにだまかされることがよくあるぞ、何れも下級霊のしわざであるぞ、正神には奇跡はない

 

騙されないことですね。

 

悪魔というと西洋的な響きですが、日本にも古来より悪魔祓いはあったようです。

悪鬼退散ですね。

それを行ったのが陰陽師

カトリック教会の悪魔祓いで言う、

 

イエス・キリストの名のもとに命じる、立ち去れ

 

陰陽師では、

 

喼急如律令

(きゅうきゅうにょりつりょう)

急いで律令(法律)の如く行え

という意味で、悪鬼退散せよ、という呪文ともされます。

また、カトリック悪魔祓いの“命じる”は、“律令(法律)の如く行え”と意味が似ているような気がします。

 

悪魔は存在するから悪魔祓いがある。

ということにしておきます。

では。

 

 

余談ですが、喼急(きゅうきゅう)九九、これを九十九、とすると、陰陽師安倍晴明を思い出します。

天皇とは、天の白い王と書き、白い王といえば九十九(つくも)王子。
なぜ九十九王子が白い王かと言うと、九十九は百に一つ足りないから九十九で、漢字では百に一つ足りない白となるからです。
九十九王子とは皇子のことかもしれません。
皇子は天皇家であり、皇子をミコとすれば御子キリスト。
キリストもまた白い王の象徴があります 。
また、九十九王子といえば熊野詣、その1つの宮には安倍晴明に関わる神社があり、安倍晴明九十九王子とも呼ばれています。 

 

古代アメリカを支配した巨人 - Graham Hancock Official Website

先日の記事で、インドネシアの海岸に巨大な👣?

もしかすると巨人か?

だとすると、特大サイズの超巨人、かどうかはわかりませんけど、何だか超巨人が気になって調べてみました。 

 

グラハム・ハンコックという作家がいます。古代文明や超常現象などを題材にした作品が有名です。

グラハム・ハンコック - Wikipedia 

日本でもお馴染みの『神々の指紋』では、超古代文明について書かれていますが、この書籍は全世界で600万部を超える世界的なベストセラーとなりました。

このグラハム・ハンコックのWebサイトに、古代の巨人について紹介されているページがあります。

ちなみに、1フィートは約30センチ。

The Ancient Giants Who Ruled America - Graham Hancock Official Website

↑詳細はこちら(長文です)

記事によりますと、 

1883年、当時の米国政府/軍事主導の組織であったスミソニアンは、サウス・チャールストン丘陵に考古学者チームを送りました。

公式レポートによると、チームは7フィートから9フィートの巨大骨格を発見した。

発見された頭蓋骨の一部は、特徴的な「圧縮型またはフラットヘッド型」、また、手首には6個の重い銅のブレスレットが飾られ、肩には3つの大きなプレートがありました。
f:id:somin753:20180327081228j:image

 

1902年のNew York Timesに掲載された記事は興味深いです。
f:id:somin753:20180327081256j:image

発見された巨人の骨格、下の歯は最大でクルミほどのサイズ、保存状態のよい顎は4フィートもの長さ、そのことから、どうやら胸回りは7フィートのようだ。

 

何っ!

なな何と、顎が4フィート!?

私の靴サイズは26.5、それが4個分以上💦

本当の話なら巨人の中でも特大サイズです。

 

巨人のついてはいくつか記事にしましたけど、個人的には、3~10メートル級の巨人は存在していた、そう考えています。
f:id:somin753:20180328120611j:image

では。