読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年最後の聖ヤヌアリウスの血の儀式、奇跡が起きなかった

カトリック教会に伝わる聖遺物、聖ヤヌアリウスの血の儀式についてですが、

f:id:somin753:20161228073715j:plain
An ancient vial of 'miracle' blood failed to liquefy, and that's a bad omen for 2017

なんと、血の奇跡が起きなかった。

その儀式のついての詳細記事がカラパイアにありましたので引用します。


f:id:somin753:20161228074112j:plain

2017年前半を占う、聖ヤヌアリウスの「血の奇跡」の儀式(イタリア)

f:id:somin753:20161228073819j:plain

記事によりますと、

 聖ヤヌアリウスの「血の奇跡」という儀式がある。この儀式は年に3回行われており、2016年12月16日、今年最後の儀式が行われた。

 その結果、血の奇跡が起きなかったそうだ。カトリック教界隈では、血の奇跡が起きない時、世界によからぬことが起きると言われており、それを示すデータなどがイタリアのニュースサイトなどで取り上げられていた。

聖ヤヌアリウスの血の奇跡とは?

 カトリック教会と正教会守護聖人、聖ヤヌアリウス(聖ジェナーロ)は、ローマ帝国の迫害により西暦305年に逝去したと言われている。彼の遺体は後にナポリへと移され、そこで守護聖人となった。

 聖ヤヌアリウスの血は、彼の死後ユーサビアという女性によって採取されたという。ヤヌアリウスの偉業のひとつは、12月16日にヴェスビオス山が大噴火したとき、溶岩が町に流れ込むのを防いだことと言われている。そのため、12月16日が、血が聖遺物の箱から取り出されて、液状化の奇跡をその目で見ようとおしかけた群衆の前に掲げられる日のひとつとなった。

 何百年もの間、聖ヤヌアリウスの乾いた血液は、聖遺物箱の中の小さなガラスの容器に保管されナポリ大聖堂に安置されているのだが、その乾いた黒い血を、聖人の保存された首のそばに置くと、赤く液体になるという。

 聖ヤヌアリウス血液の液状化は、すぐに起こる場合や何時間もかかる場合があり、時に何日もかかることがある。

 この奇跡はこの奇跡が最初に発見されたのは1389年で、以来現在までずっと続いているそうだ。以来遺体に血の入った容器を近づけるという儀式が年3回、9月のヤヌアリウスの祝日の他に、12月と5月にも行われている。
 

2016年12月、血の奇跡は起きなかった


 2016年12月16日、この儀式が行われた。クレシェンツィオ・セペ枢機卿の手で聖ヤヌアリウスの血が聖遺物箱から取り出されたが、液状化は起こらなかった。

 聖ヤヌアリウス血が完全に液状化するには時間がかかることもあるし、気づかないうちにすでに液状化が済んでしまっている場合もある。問題は、聖人の血が年に3回必ず液状化すると期待され、当てにされていることだ。
 というのも、液状化しなかった年には、世界規模の大災害や惨事が起こっている。言うまでもなく、この奇跡が起きないということは人々にとって大いによろしくないことだ。

血の奇跡が起きないと世界に何が起きるのか?

 奇跡が起こらなかったことは、科学的で無神論的世界を信じる傾向を助長するかもしれない一方で、液状化しなかったことと、地上の人間を殺す権威を与えられているヨハネの黙示録の四騎士がやってくることとの間に、不安を煽る相互関係がある。

 次の歴史を見て欲しい。奇跡がわたしたちを見捨てた年に起こった出来事だ。

▼血の奇跡が起きなかった時に起きたこと

1939年9月:第二次世界大戦の始まり。

1940年9月:日独伊三国軍事同盟成立、イタリアが戦争に関与。

1943年9月:イタリアにファシズム政権樹立。

1973年9月:ナポリの町をコレラの猛威が襲う。

1980年9月:イルピニアでマグニチュード6.9の大地震発生。2483人が死亡し、7700人が負傷、25万人が家を失った。


 これらはわりと最近の悲劇だが、これ以前にも奇跡が起きなかった年には、疫病、自然災害、戦争が起こっていると言われている。

 イタリアのニュースサイトなどでは、液状化が起こらなかった年と災害との関係の悲惨さや性質が変わりつつあるとすでに指摘している。

2017年前半を占う、聖ヤヌアリウスの「血の奇跡」の儀式(イタリア) : カラパイア


2017年はどんな年になりますでしょうか?
個人的には2020年、東京オリンピックの年が1つの区切りとして気になったりします。

「これみてぞっとした。」

地震、オリンピック、戦争…ツイッターで噂に

「これみてぞっとした。」 地震、オリンピック、戦争…ツイッターで噂に - 大地震・前兆・予言.com

f:id:somin753:20161228081147j:plain


上記写真から、ちょっと勘ぐってみますと、1925年の治安維持法と2013年の秘密保護法、そしてオリンピックへと向かうのですが、例えば、治安維持法の翌年1926年には、十勝岳噴火で大きな被害があり、12月には大正天皇崩御されました。

それを2013年秘密保護法の翌年、火山活動が活発化、阿蘇や口永良部の新岳で噴火、無警戒だった草津白根山では火山性地震により通行止めになるなどありました。

さらに翌年の1927年、日本全国の銀行で休業や破綻があり、合併が急速に進みましたが、もちろん株が大暴落しています。

そして米国ウォール街の悪夢、1929年にニューヨーク証券取引所で株式が大暴落、あれよあれよという間に世界大恐慌へと繋がりました。

東京でのオリンピック開催を目指す動きが始まったのが昭和4年(1929年)、昭和6年(1931年)には、東京市議会でオリンピック招致活動の開始が正式に決定、しかし、1940年に開催されるはずの東京オリンピック日中戦争などの影響で日本は開催権を返上します。


歴史は繰り返す、などと言いますが、近年の世界情勢を見ますと、この先何事もなく平穏無事にとは行かないように感じています。
世界情勢だけでなく、宇宙に目を向ければ↓こんな情報が、

La NASA se prepara para el impacto devastador de un asteroide en Losangeles en 2020

タイムラインの写真
↑詳細はこちら

記事からザックリ言いますと、

NASAはロサンゼルスの都市圏、人口20万の地域と200の町に直径100~250メートルの小惑星(隕石)が落下する可能性があるということです。

落下する可能性、それは何時なのか?
ということですが、なんと、

2020年9月20日

と記されています。

直径100~250メートルの小惑星
NASAは発見したのでしょうか?
で、NASA情報を調べてみましたが、そのような記事は見当たりませんでしたが。


他にNASAの予測といえば、

今後の太陽黒点数は2020年の極小期に向けて大きく減少する、としています。

では。