読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥の大量死とか低気圧に地震が起きる(漁師の言伝え)とか月の潮汐力とか

御前崎市合戸の海岸で24日、体長10メートルのクジラと見られる個体が死んでいるのが通行人によって発見されていました。

また同じ頃、チリでもクジラが座礁し死んでいるのが見つかっています。
f:id:somin753:20170327100451j:image

 

そのまた同じ頃、東京都内では50羽のカラスの死骸が発見されました。


カラス、さらに20羽の死骸 東京の公園、直径40m内 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

東京都練馬区板橋区にまたがる都立城北中央公園で25日、約20羽のカラスと2羽のムクドリの死骸が見つかった。24日にも同公園内で約50羽のカラスの死骸が見つかっており、警視庁は鳥獣保護法違反などの疑いも視野に調べている。

 

カラスの大量死と言いますと、2015年(年末年始)に↓

カラス111羽の死骸見つかる 埼玉、餓死の可能性も
朝日新聞デジタル 1月7日 21時19分配信
↑現在記事は削除されてます

記事によりますと

埼玉県は7日、年末年始に県内4カ所でカラスの死骸が計111羽見つかったと発表した。いずれも外傷はなく、鳥インフルエンザの感染も確認されなかった。大半の死骸の胃に食べ物がなく、県は餓死や細菌性腸炎の可能性があるとみて原因を調べている。

とのことでしたが、原因は何だったのでしょうか。

一方、その頃カナダからアメリカでも海鳥のアメリカウミスズメの前例のない集団での大量死が確認されました。

January 7, 2015 - Unprecedented Die-Off of Cassin's Auklet Birds.
2015年1月7日 - アメリカウミスズメ鳥の前例のない集団死。

カナダ、バンクーバーの北端からスコット諸島、カリフォルニア州まで、2014年10月以来、ウイルス、細菌、毒素によるものか、死亡の原因が見つかっていない謎の大量死(死骸)が見つかっています。
こちらは前例がないほどの死骸が見つかっているとされますが、その死因は不明で、憶測では飢餓(餓死)?かもしれない、ということです。

 

最近の鳥の大量死ですと、モンタナのビュートという町に約10,000羽のガチョウが飛来しましたが、その内数千羽のガチョウが大量死したということです。

f:id:somin753:20170327080830j:image
ビュートはかつて鉱山で有名な町でした。
鉱山(採石場)ということが関係するのか、ガチョウ大量死の原因を有毒な物質による可能性と見ているようです。
ただ、死因が有毒物質によるものかもしれませんが、ガチョウ以外の生物、魚や他の鳥が死んでいるという報告はないようです。

その他、

Lugareños encontraron una playa con dos kilómetros de aves muertas en Toltén | soychile.cl
f:id:somin753:20170327081057j:image

チリの海岸に2500羽以上の鳥が死んでいるのが発見されました。

原因は不明です。

 

[http://www..com/Dozens of birds found dead along I-5:title]

約100羽ものムクドリカリフォルニア州の高速道路5号線の北に沿って死んでいるのが見つかりました。
この鳥の大量死に州当局者は困惑しながらも、その発生源を把握しようとしていますが未だに原因は不明です。

 

[http://www..com/DNR investigates after dozens of birds found dead near creek in Woodhaven - WXYZ.com:title]

ミシガン天然資源省(DNR)は、Woodhavenの小川に沿って約50羽の鳥の不可解な死を調査するために鳥の死骸を採取しました。

当局は、鳥の突然死がボツリヌス中毒(土壌、川、海などに分布する細菌で食中毒を起こします)、悪い飼料に水質汚染の可能性などを含め調査していますが、地元住民はこのような奇妙な出来事ははじめてだと言います。

 

2016年9月8日にボストンのドーチェスターで47羽の鳥が突然空から落ちてきました。
15羽を保護することができましたが、32羽が死亡しました。市の職員は原因を特定するために落ちてきた鳥を大学の研究施設に送ったそうです。また近所では前日、2匹の猫が死亡していて、死亡した鳥と関連している可能性があるかどうかも調べていますが未だに原因は不明です。

 

米国メリーランド州で13羽の白頭ワシの死骸が発見されています。
死因は不明とのことです。


http://www.wzzm13.com/news/local/michigan-dnr-investigating-hundreds-of-dead-crows/85683861

2016年3月15日ミシガン州スプリングフィールドの鉄道の線路の部分に沿って大量のカラスの死骸が発見されています。
カラスの死骸は約300羽とされ、そのほとんどが線路に沿って死んでいます。
賢いカラスが列車に巻き込まれたとは考えられないらしく、今のところ死因は不明です。

鳥の集団死、原因は何でしょうか?
ウイルスや何かの病気による集団感染?
線路のレールにとまっていたカラス、そこへたまたま落雷などがあり感電したとか?
何にしても鳥の集団死というのは不気味です。

 

さて、昨日より発達した低気圧の影響で関東地方ではやや荒れた天気となっています。

で、低気圧ということからなんですが、

[http://www..com/大地震は台風の後にやってくる、米大研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News:title]

2011/12/09 14:17(サンフランシスコ/米国) 【12月9日 AFP】

記事によりますと、

ハイチや台湾で、台風やハリケーンが大地震を誘発した証拠を確認したとの研究結果を、米大の研究チームが8日、発表した。

マイアミ大学(University of Miami)のシモン・ウドウィンスキ(Shimon Wdowinski)准教授(海洋地質学・地球物理学)とフロリダ国際大学(Florida International University)の研究チームは、過去50年間に台湾とハイチで発生したマグニチュード(M)6.0以上の大地震についてデータを分析。地震発生前の4年以内に被災地が激しい豪雨を伴う大型熱帯低気圧に見舞われていることを確認した。

ウドウィンスキ准教授は「豪雨によって起きた多数の土砂崩れや侵食のため、地表付近の地盤が動き、負荷が取り除かれて断層がずれやすくなった」と、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催中の米国地球物理学会(American Geophysical Society)の総会で説明した。

 

とのことです。

また、異常気象が地震を引き起こす可能性を示唆する琉球大の木村政昭名誉教授は、かつて大地震の発生前に、発光現象や特異な雲が出現した例が伝えられています。それに、漁師の間には『低気圧になると地震が起きる』との言い伝えもあります。地面を押しつける気圧の力がグッと弱まって、地震が起きる可能性があるのです。地震発生の臨界状態にある場合には、低気圧が『最後の一押し』になるかもしれません。

低気圧が地震を誘発する可能性ですね。
とは言っても、様々な条件が揃った場合に最後の一押しとなるのでしょう。

 

明日28日は新月です。

*地震と月齢も関係がある。

三陸群発地震でM5以上の地震は、震源の真上あるいは真後ろを通る子午線を月が通過した直後に発生したことが報告され、月の引力が地震の引き金になったとされた。
また過去国内で起きた地震361件の調査で、新月・満月時にその36.6%、上弦・下弦期に33%が起きていた。
関東大震災は下弦当日、阪神大震災は満月当日だった。
(↑過去記事引用)

では。