読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能搭載アンドロイドが進化している

ロマンチックから家族へ、そしてセクシーへ、様々なモードから感情的な能力を持つ人工知能人形がバルセロナで発表されました。

Artificial intelligence SEX DOLL 'Samantha' capable of emotional closeness and can switch from 'family' to 'sexy' mode - Mirror Online
f:id:somin753:20170319104657j:image

人形はサマンサと呼ばれ、人形の体のさまざまな領域に触れると、それに応じた反応を示すと言われています。
f:id:somin753:20170319104847j:image

詳細はデイリーミラーの記事を読んでほしいのですが、近年リアルな人形が多く、リアルなだけの人形ならいいのですが、人工知能を備えたことにより人とコミュニケーションが可能となっています。

それを悪いとは言いませんが........。

 

人工知能搭載のアンドロイドやロボットについてはYahoo!ブログ strange world - Yahoo!ブログの方で何度か紹介していますので、

ヤフブロの過去記事より一部引用します。

 

人工知能搭載の人形ロボットなんですが、マツコ・デラックスアンドロイドのように最近は容姿がかなり人間らしくなってきているのに加え、人工知能が搭載されたヒューマノイドロボット(アンドロイド)が登場しています。
最近、日本ではアンドロイドニュースキャスターが披露されました。
また、ニュースサイトCNETが報じるところによりますと、これを上回る人工知能搭載アンドロイドが披露されています。

http://www.cnet.com/news/crazy-eyed-robot-wants-a-family-and-to-destroy-all-humans/
f:id:somin753:20170319105717j:image

ソフィアという名前のヒューマノイドロボットが米国企業ハンソンロボティクスによって開発され、オースティン市で開かれた科学的な会議のオープニングで発表されました。
ソフィアの目にはカメラが搭載され、人の顔を認識し、アイコンタクトを行うことができます。さらに、音声認識ソフトウェアを使用して会話に参加することができます。

Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans | The Pulse | CNBC - YouTube


ビデオを見ますと、ソフィアの表情はそれまでのヒューマノイドロボットより数段優れたものがあり、会話もスムーズです。
それが良いか悪いかは別にして、問題はヒューマノイド型ではなく人工知能という分野です。
その進むべき未来はどんなものでしょうか?
人工知能はあらゆる知識を持ちますが、それに加え、分析力が発達し知恵が働くようになったらと思うと恐い気もしています。

で、何で「ソフィア」という名前なのか少し気になったりもしました。
ソフィアを調べてみましたら、

 

ソピアー、ソフィア(ギリシア語: Σοφια,ラテン語: Sophia)または叡智(えいち)は、智慧の象徴である。グノーシス主義ユダヤ教などではアイオーンの名で、この世の起源に関して重要な役割を持つ。人間の救済における元型象徴とも見なせる。ソピアーはまた古代ヘレニズム世界で、智慧を象徴する女神とも考えられた。

キリスト教におけるソピアーは神の知恵を表している。日本の文献では早くとも16世紀末から上智(じょうち)という訳語が用いられる。後世には知恵、叡智とも訳され、日本ハリストス正教会では睿智(えいち)と訳される。

ソピアー - Wikipedia

 

知恵の象徴にして、この世の起源に関して重要な役割を持つ、という意味があるようです。

名前には必ず意味があると思いますが、人工知能アンドロイドにソフィアという名前をつけた意図は何でしょうか?

 

そんな最先端技術が登載されたロボットの開発が進んでいます。
中でもアンドロイド技術の飛躍には凄いものを感じていますが、厳密にはアンドロイドとロボットは違います。
ロボットは人が操作するマシーンで、アンドロイドは直訳すれば人造人間となります。

で、近年アンドロイドの何が凄いかと言いますと、やはり人工知能が登載されている部分なのかなと思う訳です。
つまり学習能力がある、そこには限界もあるでしょうが。

そんな人工知能が登載されたアンドロイド、中国では初となる対話型アンドロイドが披露されたようです。
f:id:somin753:20170319110049j:image
見た目には人のようですが、細かい動作はやはり機械という感じです。

 

また、2050年までにアンドロイドと結婚、でるようになる、サイエンスフィクションのようなシーンが現実になる可能性が恐れられている、ということです。
People could be marrying robots by 2050 claim experts | Science | News | Express.co.uk

2050年までにアンドロイドと結婚、でるようになる、サイエンスフィクションのようなシーンが現実になる可能性が恐れられている、ということです。

なんという未来なんでしょ。
ロボットと結婚なんてふざけている、が、それを真剣に提唱する学者(?)もいるようです。
そこまでロボットが人間のようになるものなのでしょうか?

ところが、

あなたの好きな有名人と同じオーダーメイドロボット「クローン」、そのクローンには有名人と同じ性格の人工知能を搭載することでリアルなものとなります....ということなんですね。

f:id:somin753:20170319110242j:image

アンドロイド(ロボット)までクローン、しかも人工知能搭載でリアルなほどあなたの好きな有名人と同じ!

良いのか悪いのか分かりませんが、モラルもへったくれもない未来がお座りして待っていそう。


f:id:somin753:20170319110308j:image
f:id:somin753:20170319110321j:image
f:id:somin753:20170319110331j:image
f:id:somin753:20170319110339j:image

また機会改め記します。

では。