読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2030年、世界は氷河期に突入する」?

これからの地球は温暖化か?
それとも寒冷化(氷河期)か?

『多くのメディアは、極地方の氷が増加している事実があっても、地球温暖化へのスピードが遅くなっている、という表現の報道をする』ドイツのメディア(コメント)

長年、地球温暖化の対策を議論してきたIPCC気候変動に関する政府間パネル)の予測を覆すような「2030年、世界は氷河期に突入する」という内容の記事がありました。

2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
↑詳細はこちら

「2030年、世界は氷河期に突入する」──2015年7月、この説を発表したのは、英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームである。

 同チームの研究によれば、太陽の活動は2030年代に現在の60%にまで減少し、1645年に始まった「ミニ氷河期」(マウンダー極小期)の時代に近い状況になると結論づける。この「ミニ氷河期」の説明は後述するが、その確率は「97%」と高いという。ザーコバ教授が解説する。

「太陽内部の表面に近い2つの層の電磁波の同期がずれると、太陽の活動が低下して地球の気温が下がる。この現象は2030年頃から本格的に始まると予測されているのです。

太陽活動低下(極小期)から、これからは寒冷化していくだろう、と、当ブログでも記してきましたが、やはり太陽活動は地球環境を大きく左右する原因のひとつなのでしょう。
また、

 ここ数年、夏は猛暑続きで「温暖化の影響か」と感じていた人は少なくないだろう。しかし、「これは寒冷化の影響」と語るのは理化学研究所の主任研究員・戎崎俊一氏だ。

「寒暖がどちらも極端になり、異常気象が連続するのが『ミニ氷河期』の特徴です。極端に暑い夏、極端に寒い冬を多くの人が体感しているはず。

 ザーコバ教授らの発表通り、いま太陽の活動は非常に弱くなっている。私はすでに『ミニ氷河期』に入っていると見ています。昨年11月に都内で積雪があったのは、まさにその影響かもしれません」

とのこと。

2030年代に氷河期?
現在はその始まりなのかもしれません。
そして、氷河期のような状態になるのはもっと早い時期かも......

これまでの太陽活動の低下から、このままでは2019~2020年に氷河期(寒冷化)が到来するかもしれないという記事があります↓
Earth heading for ICE AGE as sun goes blank: Analysts reveal shock SUNSPOTS discovery | Science | News | Daily Express


また、黒点は膨大な量の太陽フレアや磁気エネルギーを放出しますが、その太陽黒点量は近年急激な減少にあるということが分析から明らかになったということです。
http://www.express.co.uk/news/science/717559/Earth-ICE-AGE-sun-goes-blank-sunspot
↑詳細はこちら

気象学者ポール・ドリアンは、これは氷河期が近づいていることを示す兆候であると考えています。
そのポール氏によりますと、太陽活動の急激な低下がもう一つの氷河時代が来ているという徴候であると警告します。


温暖化?寒冷化?


f:id:somin753:20170131122159j:plain
▲地球物理学者で、名古屋大学小川克郎名誉教授のデータ

データにある青線はT:温度、赤線はS:太陽指数(太陽活動ですね)、黒線はC:CO2です。

これは科学的なデータでしょうね。

で、データを見ますと、温暖化の原因のひとつとされるCO2は上昇していますが、太陽指数低下と連動するように気温も低下しています。
このデータから思うに、これからの地球は寒冷化へと向かうのではないのかとも思うのです。

何年もの間、地球温暖化説は常識のような扱いでしたが、数年前より『地球は氷河期に突入した』と近年の記録的寒波に気候学者が警鐘を鳴らしていました。

「自然のサイクルと統計データを見れば、太陽が地球の気候に影響していることは明らかです。ここ100年間の地球全体の気温チャートを見ると、2007年に急激に温度が下がっているのが分かります。この低下は過去100年で最大のものです」
(ジョン・L・ケイシー)

ただ、温暖化を提唱している学者にも何かしら科学的根拠があるのでしょうが。
なので、素人的には信じる信じない、という判断しかできないのだろうとも思います。

寒冷化(氷河期)となるか?
またその原因に太陽活動が.....


最近の太陽は暗いコアが特徴である黒点が著しく減少しているように見えます。これは、太陽活動極小が来ているサインです。現在私たちは太陽黒点周期に関して2011年以来の最低水準に達していて、5年間で最低レベルの黒点周期だと言うことです。

f:id:somin753:20170131122801j:plain
SpaceWeather.com -- News and information about meteor showers, solar flares, auroras, and near-Earth asteroids

極大期を迎えるはずの年でも、それまでの半分しか活動していないことがグラフを見てもわかります。

これは太陽活動が弱くなって来ているとも考えられ、このままですと2019~2020年に極小期となるのでしょう。

寒冷化から氷河期へ、それはもう目の前なのかもしれません。

では。